これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

Posts Tagged ‘真岡市’

SLの走るまち真岡~SLキューロク館

Posted by これトチ! : 2014年2月27日

みなさんこんにちは、これトチ!です。

今回は、真岡市「SLの走るまち」拠点施設として真岡駅東口にある「SLキューロク館」をご紹介します。

SLキューロク館は、関東の駅百選に認定されている真岡駅舎と同様にSLの形をしています。
施設には9600形蒸気機関車49671号機と、昭和末期まで北海道でSLなどにけん引されて走っていた旧型客車「スハフ44形(25号)」が展示されています。

「真岡市情報センター」4階(真岡駅複合施設内)に「SLギャラリー」を新設し、既存のSL車庫、SL検修庫、転車台などを回遊しながら見学できますので、SLキューロク館と合わせ真岡駅構内全体をSLミュージアムとして位置付けています。

2013年4月28日(日)にオープンした「SLキューロク館」

①IMG_2812

SLミュージアム(SLキューロク館、真岡駅構内全体)

②DSC_0856

キューロク館入口

③DSC_0863

入口を入ると、“96カフェ”と“お土産コーナー”があります。

96カフェで購入した飲食物は、展示されている青い客車内(旧型客車「スハフ44形(25号)」)で召し上がることが可能です。
4人掛けのボックスシートで、まさに旅気分が味わえます。もちろん館内には、テーブル席もあります。
ディーゼル車を間近でじっくり眺めながらの飲食は、鉄道車両が好きな方にはきっと格別です。

お土産コーナーでは、オリジナルグッズの販売も行っています。

④DSC_0825

こんな可愛い益子焼のSL形のマグカップもあります。

⑤DSC_0833

9600形蒸気機関車49671号機です。

⑥DSC_0846

⑦IMG_2159

⑧DSC_0847

9600形蒸気機関車は、国産蒸気機関車として大正2年に1号機が誕生して以来、14年間に770両が製造され、日本の各地を走った大正時代の代表的な蒸気機関車の一つです。49671号機は大正9年に製造され、昭和51年までの57年間、北海道で急行列車や貨物列車を引っ張って256万Km(地球64周分)を走りました。

⑨

旧型客車「スハフ44形(25号)」

⑩DSCN7010

旧型客車「スハフ44形」は、昭和29年3月、北海道路線用として製造された三等緩急車で、特急「ニセコ」の客車として使用されていました。

⑪DSCN7031

⑫DSC_0828

こんな素敵な空間で、96カフェで購入したものを飲食できます。
ちなみに、窓が二重になっているのは、寒さの厳しい北海道路線用だからだそうです。

⑬DSC_0822

今回の取材にご対応いただいた真岡鉄道の湯浅課長です。

⑭DSC_0819

⑮DSCN6985

ご自身の蒸気機関車の機関士経験を交え、家族の話をするような優しい眼差しで、「キューロク館」、SLの歴史、素晴らしさなどをお話いただきました。
都合が合えば何方でも「キューロク館」の案内に対応してくれるそうです。訪問の際は湯浅課長へ一声掛けてみてはいかがでしょう。きっと素敵な一時を過ごすことが出来ると思います。

⑯

================================================================================================================================================

≪施設情報≫

“SLキューロク館”
住所        真岡市台町2474-6(真岡駅東口)
施設概要
○ 敷地面積   2,826㎡(約98m×約28.5m)
○ 建物面積   鉄骨造平屋建て  559.9㎡
(長さ53.46m×幅10.46m×高さ12m)
○ 建物外観   SLの形
○ 展示車両
館内     9600形SL(49671号)、
旧型客車(スハフ4425号)、
グッズショップ、軽飲食等
屋外     キハ20形ディーゼル動車(キハ20247)
ヨ8000形車掌車(ヨ8016)
ト1形無蓋貨物車(ト60号)
ワ11形木造有蓋貨物車(ワ12号)
ワフ15形貨物緩急車(ワフ16号)
○ その他の施設 イベント広場、駐車場等
開館時間    午前10時から午後6時
休館日     毎週火曜日(火曜日は祝日の場合は翌日)
年末年始(12月29日から1月3日)
入場料     無料
駐車場     150台
お問合わせ先  0285-83-9600
HP http://www.moka-railway.co.jp/96kan/

================================================================================================================================================

SL49671の自走運行日及び運行時間
展示してある9600形SLは圧縮空気を動力源として、毎週日曜日及び祝日に1日3回運行します。
・運行日    毎週土曜日・日曜日及び祝日ともに1日3回
・運行時間   1回目  午前10時30分(2往復運転)
2回目  正午(2往復運転)
3回目  午後2時30分(2往復運転)
※9600形SLを走らせることは、国内で初めてです。

================================================================================================================================================

≪推薦者情報≫

「SLキューロク館」をご推薦していただいたのは、株式会社エイムの、生方玉也さんです。

≪生方さんからの推薦コメント≫

D2X_0054写真(生方)関東の駅百選に認定されている真岡駅構内に併設された「SLキューロク館」には各種SL関連の展示がされています。
又、真岡駅内の情報センター4階のSLギャラリーにはNゲージのジオラマ電車運転ゲーム、SLや鉄道に関する展示物があり、鉄道ファンでなくても楽しめます。
駅から眺めるSLのある風景をめぐりながら、真岡駅をまるごと楽しんではいかがですか。

================================================================================================================================================

≪取材情報≫

取材日  2013年7月11日(木)
取材者  生方・黒﨑・松﨑

Posted in 見る | タグ: , , , | Leave a Comment »

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。