これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

Posts Tagged ‘ラーメン’

行列のできるラーメン屋さん ”麺らいけん” 

Posted by これトチ! : 2013年1月21日

みなさんこんにちは、これトチ!です。

今回ご紹介するのは、芳賀町にある「麺らいけん」さんです。

数々のラーメンフリークを唸らせた塩ラーメンで有名なあのお店です。
近年流行の「家系」や「こってり系」とは一線を画し、手間暇掛けた澄んだスープに、独自の世界を見出したあの行列のできるお店です。

ここのラーメンは本当に美味しいのですが、なによりオーナーの人間性そのものに非常に魅力を感じます。
生まれ持った職人気質と苦労が絶えなかった波乱万丈の修業時代、悶々とした中で決意した独立と家族からの反対、そしてその中から芽生えた人としての優しさ、サービス業としてのこだわり。
単にラーメン屋としてではなく、職業としてのラーメン屋を感じさせてくれる人柄であり、その気持ちの込められた一杯なのだと感じさせられるのです。

国道123号線を益子方面へ。

麺らいけん①

清原工業団地を抜けて暫く行くと左手に見えてきます。

麺らいけん②-1

麺らいけん②-2DSCN1990

人気店なので、時間によっては、すぐに入れないかもしれません。
店内のウェイティングルームに入りきれない方のために、外にも屋根付きの待合所が用意されています。

麺らいけん③

並んで順番を待つのも楽しみの一つですが、小さなお子様がいる場合や天候等によっては、ためらわれる方もいらっしゃるはず。
ですが、ここにもオーナーの心遣いが行き届いています。
お店の入口にある用紙に、駐車場の位置と車のナンバーを書いておけば、慣れたスタッフが順番になったら呼びに来てくれるので、車の中でゆっくりと待つことができるのです。

せっかく食べに来て頂いたお客様に対するお店の心配りなのです。

ウェイティングルームで品定め。
こちらが待合室。

麺らいけん④

メニューや写真が用意されています。ここでゆっくり注文の品を決めましょう。

麺らいけん⑤ー1

麺らいけん⑤ー2

こちらは昼の部メニュー。
昼と夜でメニューが微妙に違います。
個人的に一番のおすすめは「昼限定・数量限定 焼き豚らぁ麺」。

後ほどゆっくり・・・。

麺らいけん⑥ー1

麺らいけん⑥ー2

こちらは夜のメニュー。
夜メニューのみ正油味があります。
どうしても「麺らいけん」といえば塩味のイメージが強いのですが、正油味もなかなかどうして、そこら辺の店とはやっぱりこだわりが違います。

これも後ほどゆっくり・・・。

ちなみに、「51K3」は、「こいけさん」(オーナーのお名前)と読みます。

麺らいけん⑦ー1

麺らいけん⑦ー2

まだまだあります。
新しいメニューやお子様向けメニューもあって常にチャレンジしている姿勢が伺われます。

まずは一番人気の「煮ちゃーしゅー麺」味玉子入り(650円+100円(味玉子))。

麺らいけん⑧

「麺らいけん」のオープン時からある定番中の定番です。
ほんのり甘みのある、煮ちゃーしゅーと塩味スープ、平打麺のバランスがまた格別!

私の一番のおすすめ!
「焼き豚らぁ麺」味玉子入り(800円+100円(味玉子))。

麺らいけん⑨

昼のみのメニューで数量限定!
是非食べてみてください!!
表面カリカリの焼き豚と塩スープが絶妙なのです!!!

定番「純塩(じゅんじお)らぁ麺」味玉子入り(700円+100円(味玉子))。

麺らいけん⑩

これも「麺らいけん」だからこそ味わえるラーメン。限りなく透明なスープに香味油の香ばしさが際立ちます!

こちらは「茹餃子」(5個入 400円)。

麺らいけん⑪

ほんのり下味が付いているのでそのまま食べられます。
もちろん、自分でお酢などの味付けをしてもOK!

こちらは「水餃子」(5個入 500円)

麺らいけん⑫

水餃子ですが そのままスープになっています!
こちらも「茹餃子」とは全く別物で美味しい!得した気分です!!

「醤油(じゃんゆう)肉そば」味玉子入り(800円+100円(味玉子))。

麺らいけん⑬

夜メニュー限定、数量限定の「醤油肉そば」。
昼の「らぁ麺」は夜の「そば」に代わります。麺も細麺になります。
2種類のチャーシューが入ってボリューム満点です。

塩味イメージの強い「麺らいけん」ですが、実はこの「醤油肉そば」も超おすすめの一品!

見て下さい!
こちらは味玉子!地元栃木の那須御養卵を使っています。

麺らいけん⑭

真っ赤なオレンジ色(?)・・・とにかく鮮やかな色です。
口に入れると何とも幸せな気分に・・・。

卵以外にもおすすめは「支那竹」!
大きさと言い、味付けと言い、まさに絶品!!
今までの「メンマ」のイメージをあっさりと崩されること間違いなし!!

こぢんまりとした清潔な店内です。

麺らいけん⑮DSCN2019

小さいお店ですが、清掃が隅々まで行き届いています。
オーナーのお客様をお迎えする気持ちが、まさにお店全体に浸透している感じです。
ラーメン屋だからという妥協は一切許されないのでしょう・・・。

厨房は眩し過ぎるくらい。

麺らいけん⑯DSCN2008

オーナーのお客様をお迎えする気持ちは厨房にも!
見て下さい!このピッカピッカの厨房機器!!
そして営業が始まると、スタッフ全員元気が良いのです。
ここはほんとにラーメン屋か?と思う程に、接客は丁寧だし、明るいし、とにかく気持ち良い!

お店のスタッフです。

麺らいけん⑰

左側がオーナーの小池さん、素晴らしい人です。尊敬しています!!
最近、何かと話題のラーメン屋さんにあって、ブームになる前から実直にラーメン作りに取り組む姿勢・・・。
ラーメンだけにこだわって、自分が納得できるものだけをお客様に提供するその姿勢・・・。
簡単そうに見えますが、実はものすごく奥が深くて、続ける事が難しいことなのです。
まさに、ある意味では職人であり、でも保守的にならず挑戦の連続であり、お店の顔は、そのオーナーの経営に取り組む姿勢そのものなのだなぁと改めて気付かされます。

「麺らいけん」は、一生懸命お客様にメッセージを発信し続けています。
私たちは、そのメッセージに気付くことができるのでしょうか?
なんとも魅力的なお店なのです。
この魅力は、オーナーの人柄から来るものなのでしょう。

=======================================================================================================================================

≪お店情報≫

名       称:「麺らいけん」
住       所:芳賀郡芳賀町西水沼2211-3
電   話:028―678-1888
営業時間:昼の部(平日・土日祝日)11:00~15:00
夜の部17:30~20:30(平日)17:00~20:00(土日祝日)
定休日 :月曜日の夜の部・火曜日(祝日の場合は営業)
駐車場 :約20台

=======================================================================================================================================

≪推薦者情報≫

麺らいけんさんを推薦していただきました、株式会社村上の村上龍也さんです。

≪村上さんの推薦コメント≫

⑱推薦者 村上 龍也私が自信を持ってお勧めする、トチギで一番美味しいラーメン屋です!
太麺やこってりのブームになる前から、直向きにラーメンに取り組む姿勢は、飲食店としても経営者としても尊敬して見ています。
何かを成し遂げると言うことは、こういうことなのだろうなぁとオーナーの人柄に触れるたびに感じさせられます。
普段から大変混み合うお店なので、もうこれ以上有名にはしたくないという本音もありますが、どうぞ宇都宮へ、私たちの栃木県へ来た折にはこちらのラーメンを食べてみてください!
絶対におすすめできる間違いのないお店です!!

=======================================================================================================================================

≪取材情報≫

取材日:2012年12月27日(木)
取材者:村上・黒﨑・松﨑

Posted in ラーメン | タグ: , | Leave a Comment »

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。