これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2017年9月
    « 10月    
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930  

Posts Tagged ‘ホッケー’

目指せ!未来のオリンピック選手!! ”フリーデンホッケー倶楽部”

Posted by これトチ! : 2012年11月12日

みなさんこんにちは、これトチ!です。

今回は、旧今市市(現日光市)で活動をされている“フリーデンホッケー倶楽部”さんをご紹介いたします。

世界的に普及している「フィールドホッケー」ですが、国内では意外と知らない方もいらっしゃるのではないでしょうか?
最近は、女子ナショナルチーム「さくらジャパン」のオリンピックでの活躍で認知度も上がってきている、今注目のスポーツです!
そして、このフィールドホッケーは、栃木県から数多くのオリンピック選手が出場し活躍している競技なのです!!

栃木県内にホッケーが広まったのは、1980年(昭和55年)に開催された「栃の葉国体」がきっかけで、旧今市市(現日光市)がホッケー競技の会場となったことから、フィールドホッケー(以下、ホッケー)選手の育成が始まり、地元の方々に愛され続けるスポーツとなったのです。

地元では根強い人気のホッケーですが、練習のためのホッケー専用競技場の確保が難しいことや小学生や中学生に指導できる人材が少ないこと、子供たちが人気のあるスポーツに流れてしまうこと等が課題となっていました。
そこで、ホッケーを愛する地元の有志の方々が地域にホッケー競技を浸透させようと、2003年11月16日に、「フリーデンホッケー倶楽部」を立ち上げられたのです。

ドイツ語で「平和」という意味の「フリーデン」を倶楽部名にしたのは、ホッケーを通して、大人と子供の絆を深めることにより、地域社会の平和に貢献するとともに、オリンピックで活躍できる選手を地域で育てていきたいという願いを込めたとのことです。

練習のためのホッケー専用競技場を倶楽部で保有しているのは、全国で唯一この倶楽部だけ。
測量、伐採、整地など有志の方々が全ての作業を行い、設備を完成させたそうです。人工芝のグラウンドは、大会と同条件での練習をすることができるため、土のグラウンドではなかなか難しい高度な技術を習得することができるとのこと。

倶楽部の将来の目標は、栃木県外の大学に進学してホッケーで活躍している子供たちが、栃木県に戻り、社会人になっても日光市でホッケーを続けてもらえるような環境を作りたいとのことでした。

それでは、練習風景をご紹介いたします。

ここ「フリーデンホッケー倶楽部」では、将来のオリンピック選手候補の子供たちとホッケーを愛する大人たちが、人工芝の専用コートで練習に励んでいます。

設備は、メンバーによる全て手作り。平成14年9月から1年半をかけて整備したそうです。
屋根付きスタンド、人工芝への散水設備もあります。

大人と子供が一緒に練習できるのが、この倶楽部の魅力です。ホッケーを通して絆が深まります。

練習を間近で見学させていただいたのですが、スティックでボールリフティングをしながら見事に走るところや、フェイントを仕掛け、相手をかわすテクニックなど、凄い技を持つ子供達がたくさんいました。

写真なので分かりにくいですが、かなりのスピードで走っています。

リフティングしながら前に進む練習です。

子供たちには負けられません!ガンバレ!!

ボールを浮かして、監督のブロックを見事にかわします。

見事なシュート!

ゴール枠に飛んできたシュートを止めるため、全身に防具を付けています。

全身を使ってボールを止めます。

ホッケーを通しての絆は強い!

大切な人工芝を守るため、練習後は水が撒かれます。

今回の取材にご協力をいただいた、「フリーデンホッケー倶楽部」の皆さまです。

一番印象的だったことは、コートを走りまわる子供達が、みんな笑顔でプレーを楽しんでいたことです。
見守るお父さんお母さん方も前はホッケーをやっていた方が多いそうです。
きっとホッケーが家族共通の言葉になっているのでしょうね。

がんばれ!フリーデンホッケー倶楽部!
目指せ!オリンピック選手!!

========================================================================================================================================

≪チーム情報≫

“フリーデンホッケー倶楽部”
住    所:日光市針貝365(練習場)
電    話:0288-30-1025(株式会社ユザワ内、湯澤 隆司様に連絡願います)
練 習 日  :基本的に土曜日・日曜日(変更あり)
練習時間 : 小学生  9:00~12:00
マスターズ:  13:00~16:00

倶楽部HP http://www15.plala.or.jp/FHC/index.html

========================================================================================================================================

≪推薦者情報≫

「フリーデンホッケー倶楽部」さんをご推薦して下さったのは、株式会社ユザワの湯澤隆司さんです。
湯澤さんはフリーデンホッケー倶楽部の会長でもあります。

≪湯澤さんからの推薦コメント≫

倶楽部の自慢は、全国で唯一、「マイコート」を持っていることです。県の施設の改修によって出た中古の人工芝を譲り受け、倶楽部員の手で、コートを作り上げました。
小学生と保護者がフィールドホッケーを通して、家族との絆を強め、フィールドホッケーの普及を図り、将来は倶楽部よりオリンピック選手の輩出を目標としています。
尚、過去には、小学生の部 全国大会で2回優勝、準優勝も数回しております。

========================================================================================================================================

≪取材情報≫

取材日:2012年10月14日(日)
取材者:内藤・湯澤・黒﨑・松﨑

Posted in スポーツ | タグ: , , | Leave a Comment »

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。