これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2017年11月
    « 10月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    27282930  

Archive for the ‘餃子’ Category

”宇都宮ねぎにら餃子”さんの”ねぎにら”って? 

Posted by これトチ! : 2012年11月26日

みなさんこんにちは、これトチ!です。

今回は、“宇都宮ねぎにら餃子”さんをご紹介いたします。

そもそも『ねぎにら』なるものとは?・・・「ねぎ」と「ニラ」とを混ぜた素材と思ったら大間違いなのです!!

『ねぎにら』とは、宇都宮のねぎ(新里ねぎ)と鹿沼のニラ(きぬひかり)を掛合わせて出来た新種のハイブリッド野菜です。
成分はねぎとニラのそれぞれの良いところを合わせ持っているとのこと。
『ねぎにら』は、栃木県農業試験場で作られ、「なかみどり」として種苗登録されました。

その後、文部科学省運営交付金特別経費(プロジェクト) 宇都宮大学「しもつけバイオクラスター」として、宇都宮大学農学部 宇田教授とこちらのお店の小西社長(店長)で「ねぎにらの成分特性の解析と用途開発」ということで共同開発しました。
その機能性には、発がん物質の解毒機能、血流改善、がん細胞のアポトーシス誘導など、生活習慣病の予防機能が期待できるといいます。

『ねぎにら』の普及にあたっては、ハイブリッドで種が採れないため、株分けによる栽培となり、費用がかかることから、一般的ないわゆるニラとは勝負ができないそうです。
そのため、採算を抜きに契約農家から高値で引き受けて農家を援助するなど、あくまでも『ねぎにら』を栃木県の特産として育ててきたという涙ぐましい努力の裏付けがあるのです。

お店で提供される料理はすべて『ねぎにら』が使われており、写真に見られるとおりです。
カレー、スープ、コンニャクは珍しいですよね。


『ねぎにら』は臭みがなくて甘いのには驚きます。従って食後も臭わないのです。
特に女性やカップルには嬉しいですね。

『ねぎにら』についてお伝えしたところで、それでは、外観と店内のご紹介です。

餃子屋さんのイメージ変えるお洒落な建物。

2010年1月に開店したそうです。

店内はまるでカフェのような雰囲気です。

土日は栃木県外からお店を目当てに来る方が大半とのことです。

益子焼「工房 風和里」さんのギャラリーもあります。

お料理を待つまでの間やお料理を楽しんだ後は、素敵な作品を目で楽しむことができます。

ステージ・ピアノがあり、小パーティ・コンサートも開くことができます。

社長夫人は音楽学校出身とか。ひょっとして美声が聴けるかも?

続いてお料理のご紹介です。

●焼き餃子 ねぎにら餃子(1人前6個300円 ※写真は2人前です)

15年前、『ねぎにら』に出会ったことにより、サラリーマンから料理人に転身した社長。
全国の様々な餃子を研究し、『ねぎにら』にもっとも良く合う餃子を開発されたそうです。
また、『ねぎにら』の香りを活かし冷めても美味しく食べられるよう、焼き方にもこだわっているそうです。ちなみに、にんにくは使用していないとのこと。

●限定ねぎにらカレーライス(500円)

味の決め手は「ねぎにらパウダー」。シンプルなのに、コクがあっておいしい!

●ねぎにら塩焼きそば(500円)に目玉焼きをトッピング(+50円)

野菜がシャキシャキしていて、自家製の塩ダレはとてもさっぱりしています。

●スープ餃子 ねぎにら餃子(300円)

すっきりとしたスープにさっぱりとした「ねぎにら餃子」がとても合っています。

●ねぎにら刺身こんにゃく(1本300g 350円)

『ねぎにら』を練り込んだ「ねぎにら刺身こんにゃく」は、とろりとした食感。
色もキレイで、コンニャク特有の臭みがなく食べやすいです。

●お土産

宇都宮ねぎにら辛味噌    500円
宇都宮ねぎにらラーメン   250円
宇都宮ねぎにらうどん     250円

『ねぎにら』を入れた、こだわりの「味噌」と「麺」とです。

今回の取材にご協力いただいた、社長の小西様と奥様です。

小西社長が特におっしゃっていたのが、
①新野菜『ねぎにら』を栃木県の生んだ特産品として全国の方に知っていただきたい。
②『ねぎにら』は特許にもあるように健康に良いことが証明されている。
③特に、おすすめは「ねぎにら餃子」と「ねぎにら辛味噌」、ぜひお試しを!
とのことです。

『ねぎにら』への想いを熱く語って下さった、小西社長。
健康に良いといわれる『ねぎにら』を是非お召し上がりください。

====================================================================================================================================

≪お店情報≫

“宇都宮ねぎにら餃子”
住 所:宇都宮市上桑島町1463-2
電   話:028-657-6725
営業時間:11:00~20:00(ラストオーダー19:30)
定休日 :水曜日(臨時休業あり)
駐車場 :20台
※お持ち帰り、お土産発送もできます。

====================================================================================================================================

≪推薦者情報≫

「宇都宮ねぎにら餃子」さんをご推薦して下さったのは、(公社)栃木県経済同友会会員の渋井誠さんです。

≪渋井さんからの推薦コメント≫

え! ここが餃子のお店? たたずまいが洋館、中に入れば舞台にピアノがある。
益子焼を並べた陳列棚もある。
出てくる料理はすべて『ねぎにら』が入っている。旨い。

====================================================================================================================================

≪取材情報≫

取材日:2012年11月9日(金)
取材者:渋井・黒﨑・松﨑

Posted in 餃子 | タグ: , , | Leave a Comment »

 
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。