これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2013年9月
    « 8月   10月 »
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  

”那須どうぶつ王国”で、いろんな動物たちと直接ふれ合おう!

Posted by これトチ! : 2013年9月26日


みなさんこんにちは、これトチ!です。

今回取材に訪れたのは「那須どうぶつ王国」です。
こちらのコンセプトは、「直接触れ合えること」で、広い園内を様々な動物たちがお出迎えしてくれます。

01)182A0191

こちらは那須どうぶつ王国の入口。大きな馬や犬、ネコなど動物たちが描かれたゲートです。
ちなみにポーズをとっていらっしゃるのが、今回ご案内していただいた鈴木総支配人です。

02)182A0004

ゲートを抜けるとグッズがずらりと並ぶ「キングダムファミリー」。
お帰りの際は是非お立ち寄りください。

03)182A0005

また、大きな「おいでナスくん(那須どうぶつ王国のマスコット)」がお出迎えします。
後程ご紹介いたしますが、ハシビロコウがいる「ビックビルハウス」の前で皆さまをお待ちしております。

さて、取材陣一行がまずお邪魔したのが、アニマルスタジアム。
こちらでは可愛いネコちゃんたちのショー、「ザ・キャッツ」を見ることができます。
平日は14:00から、土日祝日は11:15と14:15の2回公演があります。
(ショーの時間は時季により変動しますので、HPでご確認ください)

アニマルスタジアムに入ると、中は満員。私たちは立ち見での見学でした。
平日にもかかわらず、カップルや家族連れなど多くのお客様がご覧になっていました。
日本全国でネコのショーが見られるのは、那須どうぶつ王国だけなんだそうです。

ショーでは、11匹の可愛いネコちゃんたちがさまざまなことに挑戦します。
こちらの写真はアメリカンショートヘアのコンペー君。玉乗りに挑戦するのですが…

05)182A0012

トレーナーのお姉さんに励まされ、再度挑戦!!
上手な玉乗りを見せてくれたコンペ―君に、会場からは大きな拍手が送られていました。

06)182A0010

あらあら、ショーの最中に寝ちゃっているネコもいますね。

総支配人曰く「ネコちゃんができるものを見つけてあげて、それを磨き上げる」ことがショーのパフォーマンスにつながっているのだとか。

07)キャッツバランス経済同友

こちらは綱渡り。
ショーの合間にはネコの生態も教えてくれるので、生態を勉強しながら、ネコの頑張る姿を見ることができました。

08)182A0031

特にショーの最後、「障害物走」は必見です。
自分の体長の何倍もあるハードルを簡単に飛び越えています。

ショーに出演しているネコたちは、ふれ合うことができる「キャットハウス」にいるそうなので、ぜひ訪ねてみてくださいね。

次に、今年(2013年)春から展示が開始となった、「ハシビロコウ」をご紹介します。
こちらはゲートをくぐってすぐ左手の専用展示スペース「ビックビルハウス」で3羽飼育されています。

09)182A0048

アフリカの中央部から中東部に生息するハシビロコウは、コウノトリ目ハシビロコウ科に属する鳥です。
※どうぶつ王国のハシビロコウはタンザニア出身

世界中の動物園などの環境下で飼育されているのはわずか30羽のみで、日本でハシビロコウが見られる動物園は那須どうぶつ王国が5園目となり、上野動物園の5羽に次いだ飼育数になるそうです。
野生では1000~3000羽しか生息していない(諸説あります)とも言われ、絶滅危惧Ⅱ類に指定されている鳥なのです。

10)182A0057

総支配人に見どころなどを伺っていると、ちょうど、飼育員のお兄さんがハシビロコウのご飯を持ってきました。
ハシビロコウは動かない鳥として有名で、かなりのエネルギーを使うため、お昼ごろに動くハシビロコウを見ることができるかもしれませんよ。

11)182A0060

羽を広げると2m近くになるハシビロコウ。食事シーンは迫力があります。
見どころ☞餌の魚を捕るときは、魚めがけて倒れこむように捕る。
(あまり動かないのは、水面に上がってきた魚を待ち伏せて捕るという食事方法に原因があるそうです)

12)ハシビロ給餌経済同友

写真提供:那須どうぶつ王国
見どころ☞餌を食べるのがあまり上手くないので、落としては捕まえを何度も繰り返して食べる。(もちろん上手に食べる時もあります。)

また、飼育員の方が来るとクチバシをカタカタカタと鳴らし始めます。
これは「クラッタリング」と言って相手とコミュニケーションをとるための仕草だそうです。
見どころ☞クラッタリングとともに、親愛を意味する“首振りお辞儀”も見られる。

まだまだわからないことも多く謎の多い鳥なのだそうですが、どうぶつ王国ではガラスを隔てて間近で見ることができます。
ハシビロコウの不思議な生態を是非じっくりとご覧下さい。

那須どうぶつ王国には、雄2羽、雌1羽のハシビロコウがいますので、日本初の繁殖の可能性もあるそうです。

次に訪れたのは「水辺のどうぶつ王国」。

「王国アクアリウム」「アクアフィールド」「キッズラグーン」(夏季限定)「アクアステージ」の4つのエリアに分かれており、アクアフィールドでは、触ることができてしまうような距離でペンギンやゴマフアザラシ、アメリカンビーバーなどの水辺の動物を見ることができます。

13)182A0095

14)DSCN7222

どうぶつ王国では、ケープペンギン(屋外)、フンボルトペンギン(屋外)、ジェンツーペンギン(室内)の3種類が飼育されています。
2013年夏からは、ペンギンの放し飼いエリアに入れるようになったので、さらに間近で見ることができるようになりました。可愛いペンギンの姿をじっくり観察してみてください。

王国のレストラン&カフェは5ヵ所。その中の一つ、バーベキューガーデンにやってきました。

15)182A0112

こちらではバーベキューの食べ放題を味わうことができます。
美味しい料理を景色のいい窓際で食べるとまた格別です。

16)182A0111

また、周りには高い建物がなく、夜には満天の星空や天の川を見ることができるのだとか。
キャンプ体験などのイベントが開催された時にだけ見ることができる美しい星空を、ご家族や大切な人と一緒にご覧になってはいかがでしょうか。

17)王国朝焼け経済同友

写真提供:那須どうぶつ王国
美しい星空を見た翌朝は、こんな素敵な朝やけを見ることもできます。

さて、場所を移してこちらはカピバラの森。
カピバラとマーラが自由に走り回るエリアです。水中遊泳やかけ流しのカピバラ温泉、お客様用の足湯もありますよ。

18)182A0117

こちらはマーラです。

19)182A0137

こちらはメスのカピバラ。日向ぼっこ中でしょうか。
カピバラの森には、カピバラやマーラについての説明やカピバラの見分け方が書かれている相関図もあるので、ふれ合いながら楽しく学べます。

20)182A0161

今年、カピバラの赤ちゃんが11匹生まれたそうです。写真は、生後1ヵ月半。
カピバラは成長が早いため、赤ちゃんの姿が見られるのは貴重なんだそうです。

非常に人懐っこく、赤ちゃんのうちは、なんでもかじってしまうそうなので、ご覧になる際は靴紐や手荷物にご注意ください。
かじられてしまうかもしれませんよ。

最後にやってきたのは、「バンブーフォレストレッサーハウス」です。

21-①)182A0165

暑さにやられてぐたっとしているレッサーパンダが見られるのもここだけ…。
総支配人曰く、「この場所が一番冷房が当たるため、この場所で動かないこともある」とか。

21-②追加)レッサー赤ちゃん(25.9.18鈴木総支配人より)

また、8月1日よりレッサーパンダの赤ちゃんが公開になっています。
ぜひ、可愛い赤ちゃんをご覧になってください。

22)DSCN7233

写真は、総支配人にお話を伺う取材陣。
「ナステラス」前からは、向こう側にある「王国ファーム」が見渡せます。

那須の大自然の中にある王国はとにかく広い!!
東京ドームの約10倍ある、「王国タウン」と「王国ファーム」の二つのエリアに分かれた敷地に、世界から集まった、700頭以上の動物たちが暮らしているそうです。
「王国タウン」から「王国ファーム」への移動は、自然を楽しみながら「自然道」を歩くか、「ワンニャンバス(無料)」に乗るかの2つの方法があるそうですが、季節限定で「王国リフト(300円)や「トラクターバス(無料)」を運行しており、リフトでは、那須の雄大な景色を眺めながら移動することができるそうです。

今回は王国タウンのご紹介のみとなってしまいましたが、王国ファームの見どころを総支配人に伺いましたので、ご紹介させていただきます。

23)バード経済同友

写真提供:那須どうぶつ王国
バードパフォーマンスショーは、タカ、フクロウ、ミミズクなどの猛禽類、その他の鳥たちが上空から観客席すれすれに飛んでくるので、迫力ある姿を見ることができるほか、観客が飛んでくる鳥をキャッチする体験もあり、普段見ることができない鳥たちの姿を身近に感じることができるので、ぜひ見ていただきたいショーの一つとのことでした。

24)アルパカふれあい経済同友

写真提供:那須どうぶつ王国
大人気のアルパカも、間近で観察することができます。他にも、ヤギ、ヒツジ、ミニブタなどの可愛い動物とふれ合える広場やホースコーナーなどがあり、王国が大切にしている「どうぶつとのふれあい」を満喫することができます。

25)182A0189

今回取材にご協力いただいた鈴木総支配人です。ありがとうございました。

みなさんも、夏は高原の爽やかな風を感じながら、秋には綺麗な紅葉を見ながら、かわいい動物たちと触れ合ってみてはいかがでしょうか。

=================================================================================================================================================

≪施設情報≫

那須どうぶつ王国
住所     那須郡那須町大島みどりヶ丘
TEL    0287-77-1110
通常営業期間 2013年3月16日~12月1日
営業時間   平日  10:00~16:30
土日祝  9:00~17:00
定休日    水曜日 (祝日は営業)
冬季営業期間 2013年12月2日~2014年2月28日
(3月1日~ 通常営業)
営業日    土日祝・年末年始(12月21日~1月5日)
営業時間   10:00~16:00
定休日    平日
その他    ①営業時間、定休日等が変更になる場合がありますので、ホームページ(下記)などでご確認ください。
②施設により営業時間が異なりますので、ご確認ください。
③ショーは、動物の体調、天候等により内容変更や中止になる場合があります。
④料金等については、お得なセットプランもございますので、ご確認ください。
駐車場    2000台(無料)
ホームページ  http://www.nasu-oukoku.com
開業日     1998年4月
経営母体    那須高原リゾート開発株式会社

=================================================================================================================================================

≪推薦者情報≫

「那須どうぶつ王国」さんをご推薦していただいたのは、みずほ証券株式会社宇都宮支店の池田博紀さんです。

≪池田さんからの推薦コメント≫

Image1今回推薦するのは「那須どうぶつ王国」です。那須にある進化し続ける動物園です。人柄のよい総支配人のもと、動物のたちのありのままの姿と触れ合うことができ、また高原の爽やかな空気も味わうことができます。自然に囲まれた中で動物たちとふれあい、ご家族、ご友人と忘れられない思い出を作ってみてはいかがでしょうか。
素敵なスタッフと可愛い動物たちがお待ちしています。

=================================================================================================================================================

≪取材情報≫

取材日   2013年7月12日(金)
取材者   池田・酒井・須田・黒﨑・松﨑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中