これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2013年5月
    « 4月   6月 »
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  

創業明治26年、多氣山参道の”桃畑茶屋”さんです。

Posted by これトチ! : 2013年5月2日


みなさんこんにちは、これトチ!です。

今回ご紹介するのは、「桃畑茶屋」さん。
昨年末に「これトチ!」にアップされた「多氣山持宝院」の参道にある「峠の茶屋」的なお休み処です。

「甘味処」といってもそこは「峠の茶屋」ですから、こちらのお昼のお勧めは、何といっても「いもぐし(いも串)」と「だんご(団子)」!
夜は完全予約制の懐石コース料理もあるのですが、今回は、昼間の営業=「甘味処」にスポットを当ててみました。

多氣山参道にあります。・・・加えて四代目女将さんの「お人柄」です。
素朴で温かい、おくふろの味を是非、お楽しみください!

多氣山参道にあります。

桃畑茶屋①DSCN5179

国道293号線から 多氣山参道に入り登っていくと左側、大きな市営駐車場の向い側にお店があります。

いかにも「峠の茶屋」です。

桃畑茶屋②-1DSCN4962

全てが女将さんの手作りから仕込まれていますので、お店に行く前には電話で営業の確認をした方が良いかも・・・
人気メニューは品切れになる場合もあります。

桃畑茶屋②-2DSCN5186

ちょうど山桜が咲いていました。

こちらは客席です。

桃畑茶屋③

素朴な店内。
お茶を飲みながら、のんびりすれば、まるで雑踏を忘れられる別世界のようです。
多氣山の祭事の時は、お店の中は入りきれないほどのお客様で賑やかになります。

出ました!名物「いもぐし」! (2本 300円)

桃畑茶屋④

もともとは多氣山参拝客に、桃畑の休憩所で炉端に「いもぐし」を並べてもてなしたのが始まりとか・・・
気持ちの込もった一品で、外側は焼き目が付いた堅い歯ごたえ、中はもちっとした芋そのものの食感に、甘めの自家製山椒味噌が最高です!
ほんとに素朴な茶屋の名品です!

こちらも名物の人気メニュー「だんご」! (一皿 300円)

桃畑茶屋⑤DSCN4926

白だんごと草だんごのミックスになっています。
米粉から作られるこちらの団子は、とってもやわらかで艶があります。
甘めのつぶ餡(北海道産あずき100%)が乗って、もっちもちのお団子になるのです。
これ絶対にお勧め!・・・ですが、だんごも餡も手作りのため、数に限りがあるようです。
手間と時間と愛情が込もった「桃畑茶屋」の自慢のだんご、午後は売り切れになることが多いので、電話で確認を・・・

こちらは「みそおでん」 (3本 300円)

桃畑茶屋⑥DSCN4938

地元栃木県の鹿沼のこんにゃくを使った「みそおでん」。
ほんとうに素朴なお味です。
女将さんの人柄がにじみ出ているような一品。
お味もさることながら、こんな美味しいものを食べられる豊かな時間そのものもお楽しみ頂きたいですね。

超人気メニュー「ざるそば」。 (600円)

桃畑茶屋⑦DSCN4956

こちらも売り切れ御免の人気メニュー。
今年84歳になる三代目女将が打つ「手打ちそば」です。
見た目は細めの上品な印象ですが、濃い色の田舎そば風、甘みと香りを楽しめます。
こちらも電話で確認したほうが良いかも・・・

素朴な「らーめん」 (600円)

桃畑茶屋⑧-1DSCN4953

素朴なしょう油味(鳥ガラスープ)に自家製チャーシューとたっぷりのゴマが乗っています。

桃畑茶屋⑧-2DSCN4960

ゴマの香りの効いた、太めのシコシコ麺が美味しい!

どうしても食べたくなる「カレーうどん」。 (650円)

桃畑茶屋⑨DSCN4943

こちらのカレーうどんは、うどんにカレーを掛けていて、まさにカレーライス的!
家庭の味です。
温かみを感じられる茶屋ならではの一品ですね。

四代目女将の渡邊さん。

桃畑茶屋⑩

この笑顔がたまらなく魅力的な女将さんです。
山形県出身の料理研究家である酒井佐和子さんに弟子入りし、東京で修業を重ねて実家の「桃畑茶屋」に戻られて三代目女将のもと、伝統の味を引き継ぎ、一人でお店を切り盛りするやり手の女将です。

「桃畑茶屋」のお店の雰囲気はきっとこの女将の人柄から来ているんだと思います。
温かくて、素朴で、家庭的、俗世間から離れて、少しの時間ホッとできる。
豊かな時間を過ごすことが出来るお店です。

創業は、1893年(明治26年)、今年で118年目の営業になります。
茶屋としての素朴さを大切にしながらも、夜の懐石料理(完全予約制、4名様から)も始めました。
昭和の時代に大谷石の採掘から全盛を迎えた田下町、大谷の街を、石の採掘場だけでなく
観光地として築き上げた先人たちの想いは、大切に引き継いでいかなければなりません。

=============================================================================================================================================

≪お店情報≫

・店名 「桃畑茶屋」
・住   所:宇都宮市田下町729-2
・電   話:028-652-2192
・営業時間:平日 10:00~日没まで
土日 10:00~17:00
(あくまで目安です、事前に電話でのご確認をお願いします)
・定休日  :木曜日
(定休日以外にお休みを頂く場合がございます。事前に電話でのご確認をお願いします)
・駐車場 大型バス5台・乗用車55台(向い側 無料市営駐車場)

=============================================================================================================================================

≪推薦者情報≫
桃畑茶屋さんを推薦していただいたのは、株式会社村上の村上龍也さんです。

≪村上さんの推薦コメント≫
村上 龍也いつも美味しく、楽しく、明るく利用させてもらっています。
素朴な味付けながら、本当に美味しいんです。
特に名物「いもぐし」と「草だんご」は絶品!
「ざるそば」「らーめん」もお勧めかなぁ・・・。
それから、何といっても女将さんの人柄です。
明るくて、温かくて、素朴で、何とも魅力的です。
ついつい話しこんでしまいそう・・・と控え目にしていると、
厨房へ戻り際に、お隣の席のお客様とも話し込んでいるんです。
やっぱり、皆、この女将さんとのふれあいも一緒に愉しんでいるんですよね。

=============================================================================================================================================

≪取材情報≫
・取材日 2013年4月2日(火)
・取材者 村上・黒﨑・松﨑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中