これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2013年4月
    « 3月   5月 »
    1234567
    891011121314
    15161718192021
    22232425262728
    2930  

お客様が認める本物の味! とんかつ専門店 ”千のじ五福”さん

Posted by これトチ! : 2013年4月18日


みなさんこんにちは、これトチ!です。

今日は宇都宮市鶴田にある、とんかつ専門店『千のじ五福』さんをご紹介します。

外観

千のじ五福さんは、オーナーの福田博重さんが2007年にオープンして以来、お客様に大人気のとんかつ屋さんです。
その秘密をお伺いしならが、千のじ五福さんのお薦めメニューを頂戴して来ました。

五福さんロゴ

お店の名前『千のじ五福』の由来をお伺いすると、中国の禅僧の墨蹟の語の一部に使われている五福なのだそうです。

五福とは
一は寿命が永いこと
二は生活に貯えがあること
三は健康で心の安らぎのあること
四は道徳を好み楽しむこと
五は天寿を全うすること
なのだそうです。

では「千のじ」とは
実は福田さんのご実家は1838年創業の魚屋で、「千のじ」は江戸時代の屋号なのだそうです。

清潔感漂う店内は女性やお年寄りも入りやすいように、明るいイメージを意識して雰囲気作りをされているそうです。

カウンター席

窓際にレイアウトされたテーブル席。

テーブル席

こちらはお座敷。
畳の上に置かれた椅子とテーブル。これがとっても楽なんです。

御座敷席

ランチメニューからお薦めの2品をご紹介します。

限定千のじ定食 ¥1,650

千のじ定食

海老フライ

おさしみ(今日は鯛、鯵、ホタテ、鮪)
エビフライ、ヒレカツ
ご飯、味噌汁、香の物
手作りデザート

上ロースカツ定食 ¥1,600

上ロースカツ定食

上ロースカツ

お肉は栃木県産やしおポークを使用。お米も鬼怒川流域米の雷都物語です。
県産品にこだわりを持って他県のお客様が来た時に、付加価値になるよう、栃木県産のものをなるべく提供したいとおっしゃっていました。

一緒に取材に同行した事務局の二人の感想は、『柔らかくて甘いお肉で、衣のサクサク感と相まって、とても美味しい』、『お刺身が新鮮!』、『揚げ物なのにとてもさっぱりしていて、食べやすい』と言っていました。

日替わりの手作りデザートです。今日は特別に2種類用意していただきました。

抹茶ムース

抹茶ムース

黒蜜の絶妙な甘さが抹茶ムースとベストマッチ。

ヨーグルトムース

ヨーグルトムース

程よいヨーグルトの酸味を、みかんの手作りジャムが美味しさを引き立てています。

デザートの飲物はコーヒーまたは、お茶が選べます。

お話しをお伺いした、オーナーの福田博重さんです。

福田博重様

福田さんは、和食の勉強の後フランス料理の修行もされたとのことで、デザート等も学んだものを取り入れたり、宴会料理で創作の部分を入れるなど、エッセンスの部分で工夫をされています。

今回福田さんにお話しをお伺いし、特に印象に残ったお話しをご紹介します。

『ぶれないこと』

スタンダードであることが一番の長生きの秘訣なので、流行ものはやらないようにしています。自分がぶれないことが大切だと思っています。専門店で、来客が少なくなると、ディスカウントしたりメニューの種類を増やしたりして、お客様の言うことをそのまま聞いてしまうところがありますが、それは逆にお客様のためになっていないと思います。
妥協しているということは、逃げ道を作っていて、自分がぶれている証拠です。

この店は看板も出さず、特に宣伝もせずに開店しましたが、お客様は口コミで徐々に増えました。オープンを大々的にやって、本人もスタッフも慣れていない時にお客様をたくさん入れてしまうと、待たせる、味は悪い、サービスも悪いとなってしまい、お客様をがっかりさせて帰してしまうことになります。自分を慣らすという意味でも、少しずつ始めていくのが良いと思いました。

『いい意味でお客様の期待を裏切ること』

たかがとんかつ屋だと思って来てみたら、意外だったみたいな、感激にギャップがあるということは、当然誰かに伝えたくなるものです。
実は、厨房の後ろに水槽があり、夜はおすすめで一品料理も出すのですが、鯵を注文した時に生きたまま出て来ると、お客様はとんかつ屋で活け鯵が出て来るとは思っていないので、良い意味で期待を裏切ることになります。
よく「何で水槽があるのに見える所に出しておかないの?」と言われますが、見せちゃいけない。何でもかんでもひけらかせばいいかと言うと、逆に嫌味になってしまい誰も注文しない。注文されずに痩せ細った魚を置いておくことになり、マイナスになってしまいます。時代が良いときは見せる演出も良いと思いますが、今はそういう時代ではありません。ひけらかしではなく、謙虚な中にも・・・みたいな方が受けるのかなと言う気がします。

お薦め

『目標は現状維持』

全然向上していないような言い方になりますが、現状を保つのもある意味大事なことだと思います。よく繁盛すると次に多店舗経営を考えてしまいますが、目が届かなくなったり、その人じゃ出せない味だったり、100あるものがどうしても目減りしていまいます。誰かに任せて、他をやること自体が下降線の始まりかなと。そこがピークで、本人は上を目指しているつもりでも、実は現状は落ちているのではないでしょうか。それなりの努力を続けていかないと現状は維持できないものです。
飲食店ですから、美味しいことは前提ですが、人とひとが接するものなので、ハードも大切ですが、出来る限りお客様に対するきめ細かいサービスができるよう従業員も教育して、満足していただけるよう、ソフト面も強化したいと思っています。対応が悪かったりすると、それだけで料理が台無しになってしまいますから。そういうところが、付加価値という意味で大切なんだと思っています。

DSCN5039

===========================================================================================================================================

≪お店情報≫

千のじ五福
住   所:宇都宮市鶴田3丁目8-3
電   話:028-611-1809
営業時間:昼 11:00~14:30(LO 14:00)
夜 17:00~21:30(LO 21:00)
定休日 :月曜日(祭日の場合は翌日)
駐車場 :15台
HP  :http://ecoffee.jp/gofuku/

===========================================================================================================================================

≪推薦者情報≫

千のじ五福さんを推薦していただいたのは、株式会社テラクリエーションの内藤 靖さんです。

≪内藤さんの推薦コメント≫

Image1千のじ五福さんへは、お客様をランチにお連れする時や、会合の宴席などでお邪魔させていただいています。
ランチタイムは何時もお客様で一杯なので、自分は少し早い時間に伺わせていただく事にしています。
人気の秘密はお料理の美味しさは勿論ですが、お店の雰囲気、店主の福田さんのお人柄、そしてスタッフの皆さんの笑顔に隠れているような気がします。
ちょっとわかりづらい場所かも知れませんが、一度自慢のとんかつをお召上がりください。

===========================================================================================================================================

≪取材情報≫

取材日:2013年 4月 3日
取材者:内藤、松崎、黒崎

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中