これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2013年3月
    « 2月   4月 »
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031

「恵美須(えびす)」さんが作ったお蕎麦を「ふくや」で食べて「福が来る!」

Posted by これトチ! : 2013年3月4日


みなさんこんにちは、これトチ!です。

今回は“ふくや”さんをご紹介いたします。

“ふくや”さんは、茨城県常陸秋蕎麦を農家から直接仕入れ、店内で蕎麦の選別から脱皮、
石臼挽きをした、自家製粉による手打ち蕎麦をいただけるお店です。
お店は、宇都宮市役所の南側にあるマンションの1階です。
大看板はなく、注意して探さないと、見逃してしまうかもしれませんよ。

①3899

②DSCN3902

店内は、カウンター5席、テーブル12席とこじんまりしていますが、ご主人のこだわりが随所に感じられます。
何となく、落ち着く雰囲気があり、心おきなく蕎麦や、お酒が楽しめそうです。

③DSC_2542

こちらは、蕎麦の実の選別機です。

④DSCN3898

こちらは、石臼です。

機械は、ご主人が開業前に揃えたもの。
蕎麦の脱皮機、選別機、石臼を完備し、常陸の玄蕎麦を粉にして、毎日手打ちしています。
これらの機械を全て置いているのは、宇都宮市内でもめったにないはずとのことです。
粉挽きから、蕎麦打ちまで、あらゆる段階にこだわり続け、妥協を許さない姿勢が感じられます。

それでは、こだわりのお蕎麦をいただきます。

●ざる蕎麦(600円)

⑤P1020706

蕎麦の実の黒い殻を全部取りきったお蕎麦。白い色をしています。
全粒粉による二八蕎麦で雑味がなく、蕎麦本来の香りと味が自慢です。

蕎麦をざるに載せて出しています。
蕎麦つゆは、醤油に甘露醤油を加え、本枯れ二年物の本鰹節、椎茸、昆布でだしを合わせた濃いめのつゆ。
水はすべて大型浄水器を通しているそうです。

●田舎蕎麦(600円)

⑥P1020715

常陸秋蕎麦の玄蕎麦をみがき、それを石臼で挽いたお蕎麦。
先程の“ざる”蕎麦と違って、黒っぽい色をしています。
風味が強く、歯ごたえもあります。
ご主人のお母様が漬けた“ぬか漬け”も添えられ、蕎麦の味を引きたたせています。

●鴨汁蕎麦(850円)

⑦P1020732

素材にこだわった鴨肉と、焼き目を付けたねぎが目を惹きます。
つゆは、蕎麦つゆと、かけ蕎麦のつゆを合わせて深みを出しているそうです。
蕎麦は、“ざる”でも、“田舎”でも、好みで注文できます。

●鴨焼き(350円)

⑧P1020736

お店がイチオシ!のお酒のおつまみ。
鴨肉をフライパンでねぎと一緒に焼き、それに塩を一振り。
鴨はフランス産フィレドカナール(バルバリ)種を使用しているそうです。
こちら目当てのお客様も多く、人気のお料理です。

●焼き味噌(200円)

⑨DSC_2521

西京味噌と、八丁味噌を、蕎麦つゆでのばして調合。
それをしゃもじに載せて、あぶった一品。
お手ごろな値段で、こちらも人気メニューの1つです。

この他にも“板わさ”(300円)なども人気です。
こだわりのメニューで、お酒がいっそうおいしくなること間違いなし!

今回の取材にご協力いただいた、ご主人の恵美須(えびす) 義次様です。

⑩_2545

恵美須さんは東京・赤羽出身で、宇都宮市での会社勤めを辞め、一念発起で蕎麦店を開業したそうです。
蕎麦については、本を読み漁り、各地の店を訪ねながら、自分なりの味を確立していった努力家です。
2013年で開業7年目。こだわりの蕎麦を目当てに、常連客が順調に増えているようです。

「恵美須(えびす)」さんが作ったお蕎麦を「ふくや」で食べて「福が来る!」

なんとも縁起がいいですね。

⑪P1020761

今回の推薦者である橋本さん(株式会社下野新聞社・写真左)がご主人の恵美須さん(写真右)に取材をしている様子です。
これまでのご苦労、喜びなど色々なお話をお伺いしました。

取材を通して、蕎麦の道も奥が深いとあらためて感じました。
宇都宮市役所周辺に行った折には、必ず寄りたくなるお店です。

ご主人の気さくな人柄と、蕎麦への限りない愛着。
一度、ご賞味いただければ、みなさんもきっと「ふくや」ファンになることでしょう。

===============================================================================================================================================

≪お店情報≫

“ふくや”
住 所:宇都宮市一条1-6-5(マンション1階)
電   話:028-638-0298
営業時間:11:00~19:00(ラストオーダー18:30)
定休日 :毎週火曜日と月末の火曜日・水曜日
駐車場 :市役所にご用のある方は、店裏の宇都宮市役所臨時駐車場を利用可。
土日は無料開放しているそうです。

===============================================================================================================================================

≪推薦者情報≫

「ふくや」さんをご推薦して下さったのは、株式会社下野新聞社の橋本達明さんです。

≪橋本さんからの推薦コメント≫

橋本達明様 顔写真蕎麦やつゆの素材選びをはじめ、脱皮機、製粉機まで揃えたご主人の“蕎麦へのこだわり”には
いつも感心しています。
脱サラして蕎麦打ちや経営を独学で習得し、蕎麦店を開業したとのこと。
今では、定番のざる蕎麦や、歯ごたえのある田舎蕎麦などを楽しみに、多くの常連さんで繁盛
しています。
つまみも充実しています。ご主人の誠実な人柄も、蕎麦の味をいっそう引き立てています。
蕎麦湯割りの焼酎もおすすめですよ!

===============================================================================================================================================

≪取材情報≫

取材日:2013年1月31日(木)
取材者:橋本・石﨑・黒﨑・松﨑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中