これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2013年1月
    « 12月   2月 »
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031  

足利市のシンボルといえば ”足利織姫神社”

Posted by これトチ! : 2013年1月24日


みなさんこんにちは、これトチ!です。

今回、これトチ!でご紹介するのは、「足利織姫神社」です。

足利織姫神社奉賛会 会長の石井金吾様と事務局長の武井範夫様にお話をお伺いしました。
歴史と文化のまち足利のシンボルといえば、「足利織姫神社」と言っても過言ではないでしょう。

『足利来るなら織姫様の 赤いお宮を目じるしに カラリコトントン カラリコトン 足利絵の街 機の街』と足利音頭に歌われた足利織姫神社。
「産業振興」と「縁結び」の神様として足利市民に広く親しまれています。

入口

写真①入口

社殿

写真②DSCN1543

縁結びの神

写真③DSCN1516

祭神は、太古の昔より機織を司る天御鉾命(あめのみほこのみこと)・天八千々姫命(あめのやちちひめのみこと)の二柱の神様です。
この二柱の神様は、もともとは皇太神宮御料の織物を織って奉納したという伊勢国(いせくに)渡会郡(わたらいぐん)井出の郷(いでのさと)、神服織機殿神社(かんはとりはたどのじんじゃ)の祭神でした。
千二百年余の歴史と伝統を誇る機業地 足利の守護神として、1705年(宝永2年)にこの二柱の神を勧請(カンジョウ)し、その分霊をお祀りしました。
(前年の1704年には戸田長門守忠利氏が足利藩主となっています。)

社殿 内

写真④DSCN1519

縁結びの神

写真⑤DSCN1607

この神社は、昭和天皇の皇太子(今上天皇)誕生(1933年(昭和8年)12月)を祝い、翌年の昭和9年春に織姫神社奉賛会を組織して新社殿建立に着手(旧社殿は1879年(明治12年)に建てられましたが、翌年に焼失)。
その後、3年の歳月をかけて当時では珍しい鉄筋コンクリートで1937年(昭和12年)5月、現在の社殿が完成しました。
10円硬貨に描かれている平等院鳳凰堂をモデルにしているそうです。
そして2004年(平成16年)6月9日、国の登録有形文化財として認定されました。

徳富蘇峰撰文による「造営碑」に記されておりますように産業振興の神様として、さらに縁結びの神様としてその御神徳は高く、足利市民はもとより、全国から多くの参詣者が訪れております。

造営碑

写真⑥DSCN1614

朱塗りの社殿は、織姫山=機神山(はたがみやま)の緑に映えて美しく、足利を代表するシンボルであり、境内より正面に富士の霊峰を仰ぎ、関東平野を一望できます。

写真⑦DSCN1521

祭事としましては、以下の通りとなっています。

・1月1日  歳旦祭
初日の出を拝む会
・5月5日  春季例大祭
・7月7日  七夕祈願祭
・8月吉日  御焚き上げ神事
・11月3日  秋季例大祭

結婚式を行いたいという若者も多いとのことで、現在は年間30組程度のカップルが誕生しています。

余談ではありますが、2010年(平成22年)7月より足利織姫神社(はたがみ おりひめ)と同市内の門田稲荷神社(かどた みたま)を中心に「あしかがひめたま」(http://www.himetama.jp/)という萌えおこしが行われていまして、若者に人気のスポットにもなっています。

ひめたま

写真⑧ひめたま

ひめたま

写真⑨ひめたま2

また、境内脇には”蕎遊庵”(きょうゆうあん)というお蕎麦屋さんがあります。

http://www.kyouyuan.com/

こちらの店主である根本様は、手打ちそば名人として全国的に有名な故片倉康雄氏の最後の弟子ということで、とても美味しいお蕎麦をいただくことが出来ます。そば教室も開催しているそうです。

蕎遊庵

写真⑩DSCN1563

今回取材にご協力いただきました足利織姫神社奉賛会 会長の石井金吾様(写真左)と事務局長の武井範夫様(写真右)です。

写真⑪DSCN1511

(おまけ)
階段を使わずに境内に行くことができる駐車場もありますが、一の鳥居から境内までの229段の階段の途中には、「歴史のひろば」「縁結びひろば」「創造のひろば」等がありますので、石碑で歴史を学んだり、ひろばからの景色を眺めたりしながら楽しく境内へ進むことができます。

体力に自信のある方は是非一気に境内までお進みください。
階段途中には、境内までの残り段数と励ましの言葉が書かれています。

写真⑫DSCN1581

階段

写真⑬DSCN1590

夜のライトアップでは、山腹に美しい姿が浮かびあがって、とてもロマンチックです。

写真⑭DSCN1623

=========================================================================================================================================

《施設情報》

名   称:足利織姫神社
住  所:栃木県足利市西宮町3889
電  話:0284-22-0313(足利織姫神社奉賛会)
0284-43-3000(足利市観光協会)
交通手段:JR足利駅・東武足利市駅から2.2キロ(車で10分、徒歩30分)
足利市生活路線バス(やまなみ号・せせらぎ号)で、通五丁目下車(徒歩15分)
受付時間:10:00~16:00
※御祈願(縁結び祈願・結婚式・初宮式・七五三詣・七夕短冊祈願・合格祈願・厄除祈願・社運隆盛祈願)
祈祷は随時受付(宮司の日程によります)

参拝者数:年間24~25万人
駐車場 :織姫公園内に2か所、合計50台まで駐車できます。 (ただし、ホイルベース11メートル以上
、高さ3.8メートル以上の車は駐車できません。)
階段下の大鳥居向かいの織姫観光駐車場も利用できます。(大型バス専用スペースが1台分あります。)

神  宮:宮司(ぐうじ)日下部悳也氏
禰宜(ね ぎ)日下部朋広氏

登録有形文化財:社殿・神楽殿・社務所・手水舎
※設計 小林福太郎氏
※建立 昭和12年5月(遷宮)

ホームページ: http://www6.ocn.ne.jp/~ashiori/orihime.htm

=========================================================================================================================================

《推薦者情報》

足利織姫神社さんを推薦していただいたのは、NEC宇都宮支店の渡邉善一さん(写真右)です。
(写真左は福田さんです)

《渡邉さんの推薦コメント》

写真⑮NEC宇都宮支店 渡邉支店長と福田マネージャー”織姫”という名称に引き寄せられてこの足利織姫神社に参拝したのですが、とても美しい社殿で、しかも境内から関東平野を一望でき、さらには”蕎遊庵”という美味しいお蕎麦屋さんが境内脇にあり、一度で魅了されてしまいました。
また、今回の取材を通して、この神社の成り立ちやその後の関係者の皆さんの思いやご苦労をお伺いして、さらにファンになってしまいました。
足利は織物の生産地として歴史が古いだけではなく、日本最古の大学「足利学校」や足利源氏居宅址「ばん阿寺」など多くの史跡があります。
また、足利織姫神社は「関東ふれあいの道」県立自然公園ハイキングコースの発着点でもありますので、観光も兼ねて、皆さんも是非一度、参拝してみてください。

=========================================================================================================================================

《取材情報》

取材日:2012年12月13日(木)
取材者:渡邉・福田・黒﨑・松﨑

コメント / トラックバック4件 to “足利市のシンボルといえば ”足利織姫神社””

  1. […] 8.足利織姫神社 “歴史と文化のまち足利のシンボルといえば、「足利織姫神社」と言っても過言ではないでしょう。” […]

  2. さとみ said

    昨年の七夕の時期に、東京の新御茶ノ水駅の駅ビルで行われていた七夕祈願の飾りで、恋愛の願い事が2ヶ月後に叶いました。嬉しくて、いつかお礼を言いたいと思っていながら月日が立ってしまいました。直接訪ねてお礼参りをするべきなのでしょうけれど、メール文で申し訳ありません。今とても幸せです。感謝しております。ありがとうございます。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中