これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2012年11月
    « 10月   12月 »
     1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  

ツール・ド・日光2012 with 宇都宮ブリッツェン

Posted by これトチ! : 2012年11月15日


みなさんこんにちは、これトチ!です。

今回は、9月9日(日)に日光市で開催された「ツール・ド・日光2012with宇都宮ブリッツェン」をご紹介させて頂きます。

「ツール・ド・日光」は、環境に優しい自転車で、日光市の豊かな自然、歴史、文化に触れるとともに、人との交流を通して、観光振興を図ることを目的に2011年から開催されているサイクリングイベントです。
順位を競うレースではないので道路の交通規制は行われず、交通規則を順守して走行する大会です。そのため、参加者と地域の方双方の理解・協力が重要なものとなっています。

参加者の心得は次の通り。

<ツール・ド・NIKKO心得>
①本大会はレースではありません。コース上は一般交通法規を遵守!
②いつでも、どこでも「ウォーカーファースト(歩行者優先)」!
③自動車へも「ゆずり合い」の気持ちを。
④走行中はみんなでトレイン!
⑤無理はしない。エイドでまったり、自分のペースで楽しく走ろう!

今回の大会は、宇都宮市に本拠地を置く地域密着型の自転車ロードレースチーム「宇都宮ブリッツェン」の監修によるコース設定です。さらに、選手と山岳コースを一緒に走れるという、喜びと数々の特典付きです。

「食」と「みどころ」が充実しているのも、この大会の魅力です。「日光手打ちそば」が堪能できるエイドステーションが全コースに設置されている他、地元の新鮮な野菜、日光の名産品も用意されています。

そして、世界遺産や豊かな自然に触れて日光を満喫した後は、温泉地で疲れた身体を休めることもできるのです。

それでは、実際に参加してきましたので、その様子をご紹介いたします。

9月8日(土) 13:00より、日光市役所で各コースの受付・交付が開始です。
受付を済ませ、鬼怒川にある「東武ワールドスクエア」に移動です。16:00、いよいよ前夜祭の開始です。
大会委員長挨拶、日光市長挨拶と会が進みます。

日光市長のご挨拶の中で、日光の魅力についてのお話もありました。
「世界遺産の二社一寺、ラムサール条約による戦場ヶ原など、数々の有名スポットを抱えた町であり、もう一つ有名なスポットが出来ることは喜ばしいことです。明日は秋口せまる日光をゆっくりと堪能し、サイクリング後の温泉や観光地にも是非ともお寄りください。」

この大会は、日本各地から自転車愛好家が参加しているので、県外の方に栃木の魅力を知っていただくことができる大会なのです。

その後、ブリッツェンの選手によるトークイベントや抽選会が行われ、18:00前夜祭は盛会のうちに終了いたしました。

前夜祭の様子です。

左から宇都宮ブリッツェン コーチ 柿沼章様 日光市長 斉藤文夫様 酒井会員

9月9日(日) 天候にも恵まれ、素晴らしい一日になりそうな予感。

参加者は約1,500人

7:20よりスタート開始です。ウェーブスタートで、約3分おきに20名程の集団を作り走ります。

日光市役所を8:00にスタート。

今回は、健脚者向けの「山岳チャレンジ日光コース約100km」に参加。最大高低差1200mのハードなコースです。
中級者には「70KMのファンライド日光コース」、初級者及び家族でのんびりと走る場合は、約45KMの「日光サイクリングコース」が用意されています。

日光街道に入り旧道を走ります。樹齢250年以上の大木に囲まれながらのライディングは最高です。

大室付近を通過し、1つ目の轟小学校エイドステーションに向かいます。地元の方の応援が心にしみます。若干の登り坂ですが、声援にテンションが上がります!!

国道121号線に入り、いよいよ坂道に入っていきます。みなさんもご存じの鬼怒川温泉・川治温泉を通り、五十里湖目指してひたすら坂道を登ります。

五十里湖を一周し、八汐大橋を通過して栗山の町並みを通ります。

町並みを抜けると最大の難関である大笹牧場に向かう坂が待っています。標高差800M、約15kmをひたすら登ります。

大笹牧場エイドステーションに到着。さすがにバテ気味です。

大笹牧場エイドステーションでは、日光の豊かな自然で育った牛たちの牛乳をいただけます。
また、きゅうりやトマト等の新鮮な地場野菜の他、おにぎりやまんじゅう等の軽食が用意されています。

レースではないので、しばし休息。
「無理はしない。エイドでまったり、自分のペースで楽しく走ろう!」心得を守ります!!

大笹牧場を出発し、六方沢橋に向かって最後の登り。若干霧が立ち込めはじめました。ここを通り過ぎれば後は下りです。

六方沢から霧降大橋まで標高差900m、約12KMを一気に下ります。
今まで登ってきたストレスを発散します。

霧降大橋を渡り、大谷川沿いを走り、ゴールの日光市役所に向けてラストスパート。
ここでも声援を送って下さる方々が! 励まされます。ゴールまで頑張れそうです。

ゴール!! 無事100KMを制覇。

とても疲れているかと思いきや、笑顔で写真撮影。
約100KMを6時間弱で完走しました。

ゴール地点の日光市役所は、初秋の日光を満喫した参加者の笑顔であふれ、大会は終了しました。

今後も、「那須高原ロングライド」など、県内・県外のサイクルイベントの参加を通し、栃木の魅力を発信していきたいと考えています。
一緒に走ってみたいと思った方は酒井、熊本まで是非声をおかけ下さい。お待ちしています。

=========================================================================================================================================

≪情報≫

“ツール・ド・日光2012with宇都宮ブリッツェン”
事 務 局: 日光市 観光部 観光振興課内
住     所: 栃木県日光市今市本町1番地
電   話: 0288-21-5170
問 合 せ: 平日9:30~17:30(土・日・祝日を除く)
ホームページ   http://www.city.nikko.lg.jp/

競技運営事務局  サイクルスポーツマネジメント株式会社
住 所: 栃木県宇都宮市塙田2-1-6 yousビル2F
電  話: 028-643-6626
問 合 せ: 平日9:30~17:30(土・日・祝日を除く)
ホームページ   http://www.blitzen.co.jp/index.html

=========================================================================================================================================

≪推薦者情報≫

「ツール・ド・日光2012with宇都宮ブリッツェン」をご推薦して下さったのは、株式会社酒井建築設計事務所の、酒井誠さんです。

≪酒井さんからの推薦コメント≫

ツール・ド・日光、山岳コース参戦!!!
走行距離100km、標高差なんと1200mを参戦して来ました。ほとんど勢いでエントリーしてしまい、長く続く登り坂では何度となく“棄権”の文字が浮かびました。
しかし、何とか完走して、世界遺産のまち日光を満喫してまいりました。
途中、ブリッツェンの選手にも声を掛けてもらい、また沿道でのたくさんの応援に、とても楽しいイベントとなりました。
脚力に自信の無い方、ファミリーでも参加できる他のコースもありますので、こちらもお薦めいたします。
県内にはこの他にも多くのサイクリングイベントがございますので、皆様のご参加・ご声援をお待ちしております。

=========================================================================================================================================

≪取材情報≫

取材日:2012年9月8日(土)・9日(日)
取材者:酒井・熊本

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中