これトチ!

来てみたら住みたくなった栃木県! 魅力いっぱい 栃木県のおすすめ情報blogこれがトチギだ!(これトチ!)

  • ごあいさつ

    公益社団法人 栃木県経済同友会が自信を持ってお薦めする、栃木の情報blog「これトチ!」です。

    このblogに掲載されている情報は、全て経済同友会の会員と、同友会会員企業に勤務されている社員の皆さんから推薦いただいたところをピックアップして、地域振興委員会のメンバーが実際に訪問し、見て・味わって・体験し・確認した本物の情報です。
    私達が絶対の自信を持ってお届けする、栃木県の生情報ですので安心してご利用下さい。

  • 2012年9月
    « 8月   10月 »
     12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930

益子焼の伝統と変化を感じられる、益子焼窯元 ”つかもと”

Posted by これトチ! : 2012年9月13日


みなさんこんにちは、これトチ!です。

栃木県といえば「益子焼」が有名ですが、今日は、その益子焼の窯元「つかもと」さんにお邪魔します♪
「つかもと」さんは1864年に創業され、140年以上の歴史がある窯元です。その、「つかもと」さんに、益子焼の昔と今を伺いながら、益子焼きの魅力についてお届けしたいと思います。

「つかもと」さんは、益子焼を製作する窯元というだけでなく、益子焼が作られる工程の見学が出来たり、私達が自分で益子焼を作る体験が出来たり、色々な作家さんの商品を購入できたり、一休み出来る食事処やカフェがあったり、過去の有名な作家さんの作品を見学できる美術館があったり…と、盛り沢山に色々な体験できる場所になっています。
益子にお越しの祭、まずはつかもとさんにお越しいただき、情報収集をされてみてはいかがでしょうか?

それでは最初に、益子最大の益子焼の工場見学へ向かいます。
敷地は広く、幾つもの建物がありますが、看板が随所にあり、初めてでもとても分かりやすくなっています。
見学コースに沿って歩いてみます。
各所に説明書きが貼ってあり、興味深く歩くことができます。

窯の回りに日には、焼きたての益子焼が並んでいました。

館内のあちらこちらで製作途中の益子焼を見ることができます。

益子焼は、土練り → 成型(ロクロ場) → 装飾 → 乾燥 → 素焼き → 施釉(釉場)→ 上絵付け(赤絵) → 窯詰め(窯場) → 本焼成 → 窯出し・検品の工程を行って、ようやく商品になります。

陶芸教室があり、「ロクロ体験」「手ひねり体験」「絵付け体験」が出来ます。

ロクロは本格的な益子焼が作れ、手ひねりは個性的なものが、絵付けはマグカップ等に絵のみ書く事が出来、どれも出来上がり後、使用できます。
ただし、「ロクロ体験」「手ひねり体験」は45日ほど、「絵付け体験」は3週間ほど焼きあがるのに時間がかかります。お願いすれば、出来上がり品を宅配便で送ってくれます。
自分だけのこの世にたった一つの器って、考えただけでもワクワクしますね。

「つかもと」さんには、現役の登り窯があります!

日本のあちらこちらに焼き物で有名な町がありますが、登り窯を使っている産地あまりみられなくなっているようです。大切な文化ですね。ぜひ守っていきたいものです。

手間ひまかけて焼きます。心がこもりますね♪

では次に、釜工場へ見学に行きます!

取材当日は猛暑日でしたが、釜工場の中は42度ほどあるとのこと!!気合を入れて中へ入ります。

そこには、見覚えのある釜が沢山並んでいます。
そうです、ここ「つかもと」さんでは、あの「峠の釜飯」の釜を作っているのです!知らなかった!

峠の釜飯用の土を練って成型するところから始まります。
機械化&自動化された工場で一日約10,000個の釜が作られています。

成型され型から出て(脱型)、仕上げ、乾燥へと進みます。

乾燥から釉薬掛けへ進みます。

自動化ですが、ところどころ人の手が加わります。

テーマパークのアトラクションのように釜が動いています。

とうとう窯から焼きあがった釜が出てきました。
12時間ほどかかり、最高1170度で焼かれ、徐々に冷やされて出来上がります。
この窯の火は一晩中消えることがないそうです。

出荷準備が整った商品達!

とても手間ひまかかっています。これから釜飯を食べる時は、器にも感謝していただきたいものです。

釜工場から外へ出たときは、猛暑日なのに、外が涼しく感じられました。

焼き物工場以外にも、おしゃれなカフェや価値のある美術品を見られる美術館などがあります。
ここ「つかもと」さんでは、ぜひ、ゆっくりご滞在いただき、心ゆくまでお楽しみいただきたいものです。

最後にショッピングエリアでお買い物が楽しめます♪
昔ながらの商品から今話題の作家の商品まで沢山揃っており、お買い物を思う存分お楽しみいただけます。

この方が「つかもと」さんの社長、韮澤様です。

今回、色々とお話を伺えとても勉強になりました。
時代の変化で益子焼も変わってしまい色々とご苦労があるようですが、これからも益子焼の発展の為に
頑張りたいと、熱く語っていただきました。

皆さん!ぜひ益子焼を「見て・触れて・作って」身近に感じていただければ幸いです。

==============================================================================================================================================

《施設情報》

「つかもと」

(本 社)
住   所:芳賀郡益子町益子4264
電   話:0285-72-3223
営業時間:9:00~17:00
定休日  :年末年始

(工場見学(製造工程))※見学自由
見学時間:8:30~17:00(12:00~13:00は休憩時間)
公休日 :毎週木曜日、隔週水曜日、年末年始

(つかもと記念美術館)
住   所:芳賀郡益子町益子3215
電   話:0285-72-9002
開館時間:10:00~16:00
休館日 :毎週月曜日、年末年始
入館料 :一般300円 小学生150円  ※団体料金(15名以上)あり
駐車場 :あり

ホームページ  http://www.tsukamoto.net

==============================================================================================================================================

《推薦者情報》

益子の窯元「つかもと」さんを推薦していただいたのは、株式会社外池酒造店、外池茂樹さんです。

《外池さんからの推薦コメント》

益子になくてはならない窯元、つかもと。
歴史は古く、幕末にさかのぼる。
広大な敷地に益子焼の工場、見学コース、レストラン、ギャラリー、美術記念館、などなど見応え十分な益子焼の窯元。
いつ行っても何か展示会やイベントをやっていて楽しい窯元です。見て学ぶだけでなく、自分で陶芸体験ができます。
いつしか益子焼の虜になってしまいそうです。

==============================================================================================================================================

《取材情報》

取材日:2012年8月2日(木)
取材者:益子・外池・浅野・根本・三和・黒﨑・松﨑

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中